ONOMICHI KEIMA-KAMABOKO OFFICIAL HOMEPAGE
桂馬蒲鉾商店のご案内
桂馬蒲鉾オンラインショップへ

尾道探訪

第五回・師友塾高等学校 教育講演会「スポーツ界からの提言-必勝の人材育成-
期間 ● 2009年10月04日(日)  14時〜17時
場所 ● しまなみ交流館
お問合せ先 ● 師友塾高等学校 0848-20-8188
ラグビー元日本代表、日本代表監督を務められた平尾誠二氏が尾道に講演に来られます。
ぜひお誘いあわせの上、ご聴講ください。
しまなみ・ノルマンディー「二つの都市」写真展 -松本徳彦-
日時 ● 10月10日(土)〜11月29日(日) (休館日/毎週月曜)
場所 ● 尾道市立美術館
開館時間 ● 午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
入館料 ● 大人一般 700円 、高校・大学生 500円 、中学生以下無料、70歳以上・身体障害者は証明できるものを提示により無料
お問い合せ先 ● 市立美術館 TEL 0848-23-2281
<information>

ギャラリー・トーク ● 10月10日(土)午前9時30分〜/松本徳彦氏が展示作品を前に作品解説を行います。
特別講演会 ● 10月31日(土)午後1時30分〜3時/展覧会を記念して、松本徳彦氏による特別講演会を行います。
尾道市立美術館学芸員による列品解説 ● 10月25日(日)午後2時〜・11月22日(日)午後2時〜/作品や展覧会の見どころなど、学芸員が詳しく解説します。
しまなみ海道全橋開通10周年を記念し、尾道を拠点とする、しまなみ海道地域の個性と特徴を活かした写真展。
尾道市と、文化的友好関係を育むフランス・オンフルール市の二つの都市を写真家松本徳彦(尾道市出身・東京都在住)が、相互の町の風景・風俗などを精力的に取材し、鮮やかに写し出した作品群は歴史と文化に裏付けられた「二つの都市」の「今」を国名に伝えています。写真は本展のために撮りおろされました。
グルメ・海の印象派−おのみち−
期間 ● 2009年10月01日(木) 〜 11月05日(木)
場所 ● JR市内一円の飲食店など
「グルメの秋」を尾道で満喫しませんか?
この時期しか食べられない、尾道の食材を使ったお弁当や丼などをご賞味ください。

URL= http://www.onomichi-cci.or.jp/
尾道灯りまつり
日時 ● 10月10日(土)
場所 ● JR尾道駅前緑地帯、市内16か寺ほか
尾道水道に面する雁木から尾道三山の中腹にたたずむ寺々へ続く参道に灯りをともし、かつて北前船が目印とした常夜灯の雰囲気を醸し出し「港町おのみち」の発展のルーツを浮かび上がらせます。また、燈明の灯りを龍に見立て、龍の國・尾道として開催されます。総数三万個のぼんぼりを灯すほかイルミネーションが海岸沿いを照らします。
光明寄席
日時 ● 10月10日(土) 18時30分開演
場所 ● 光明寺
入場料 ● 1500円
尾道灯りまつりに合わせて、光明寺の本堂で落語会が開かれます。
今年は桂小春團治さん、笑福亭呂竹さんを迎えて落語の披露、尾道陣幕久五郎会による相撲甚句の披露があります。ふれる機会の少ない落語、ぜひ生で体験し楽しんでみてはいかがでしょうか。
尾道ベッチャー祭り
日時・場所 ● 11月1日〜3日
11月1日(前夜祭) 18時〜21時30分、市内一円・一宮神社
11月2日(大祭) 11時〜21時、一宮神社
11月3日(練り歩き) 8時〜17時、市内一円・一宮神社
ベタ・ショーキ・ソバの三つの鬼の面をつけた氏子が子供たちを追いまわし、 ササラ竹や祝棒などの棒で頭を叩いたり突いたりされると、子宝に恵まれたり頭がよくなるとされています。市の民俗文化財に指定されています。