1. HOME
  2. ブログ
  3. 志賀直哉さんの随筆集『朝顔』

志賀直哉さんの随筆集『朝顔』

志賀直哉さんの随筆集『朝顔』から。
桂馬のある石畳小路には、東京下町の入谷の朝顔市ゆかりの朝顔の鉢と土堂小学校一年生の朝顔の鉢と二つ並んで今も毎朝花を咲かせてくれます。
夏の名残りと書き始めようと思いましたら、なんと朝顔の季語は秋でした。

そして志賀直哉さんの随筆によると、朝顔を毎年植えているのは、花を見るためよりも葉が毒虫に刺された時の薬になるので、絶やさないようにされていたそうです。

「葉を3、4枚両手でしばらくもんでいると、ねっとりとした汁が出てくる。それを葉と一緒に刺された箇所に塗りつけると、痛みでも痒みでも直ぐ止まります。」

ひと昔前まで日本人は、このような生活の知恵を受け継いで来ていました。
私も昨晩 蚊に刺されたので、試してみました(笑)

自然とかかわり気持ちは和らぎました。
痒みは残ります。
刺された腕の緑色に染まった肌をみては微笑んでおります。

実は、月刊誌「致知」の8月号で鈴木秀子先生が、志賀直哉さんの『朝顔』を取り上げて下さったお陰で、私も直哉さん没後50年の年に朝顔に出会う事が出来ました。

ありがとうございます。

いつもありがとうございます(^_^)
桂馬女将ブログ 記事一覧
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○ 尾道 桂馬蒲鉾商店 ○
毎朝一匹ずつ生の魚をさばき、自家製すり身を作るところから始まる桂馬かまぼこは
手作りの無添加蒲鉾です。
桂馬蒲鉾商店公式サイト https://keima-kamaboko.com/
オンラインショップ   https://keima-kamaboko.shop/
最新の情報はFacebookページへ https://www.facebook.com/keima.kamaboko/
三代目女将 村上芳子 Facebookページ  https://www.facebook.com/yoshiko.murakami.9277/

 

お電話でのご注文・お問い合わせは
0848-25-2490
受付時間/月曜日から土曜日(木曜定休を除く) AM 9:30 – PM 15:00
ファックス 0848-25-2500
メール shop@keima-kamaboko.com へお気軽にどうぞ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

アーカイブ

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930