1. HOME
  2. ブログ
  3. 尾道映画祭クロージング作品「あした」

尾道映画祭クロージング作品「あした」

1月14日 尾道映画祭クロージング作品
「あした」を小学2年生の孫娘と鑑賞しました。

大林宣彦監督の作品を尾道の大きなスクリーンで、みんなで一緒に鑑賞できることを心より喜びました。
ありがとうございます。
胸に込み上げてくるものがあり二人で涙して鑑賞いたしました。

映画「あした」からひとは、約束する。
出逢うために、
共に生きるために、
そして、
「さよなら」を言うために。

帰宅して先程、昨年11月発行の大林恭子さんの著書
「笑顔と、生きることと、明日を
大林宣彦との六十年」を
拝読して、あとがきでまた涙しました。

この本のタイトル
「笑顔と、生きることと、明日を」は、
監督が亡くなる一ヶ月前 入院中の監督に、恭子さんが、何か持ってきて欲しいもの、あるかしらと聞いた時の監督の言葉だそうです。
その夜一晩中涙止まらなかったそうです。

映画鑑賞後の大林千茱萸さんと高橋かおりさんのトークショーもこころ優しくなるものでした。
高橋かおりさんのお話です。
「大林監督が、撮影中に話された言葉を思い出します。
『この映画は、登場人物の全ての人間が必要なんです。誰ひとり欠けてはいけない。
ひとりでも欠けるとこの映画は、成立しない。』

そして
大林千茱萸さんのお言葉です。
木造船の大きな美しい船を沈めるシーンでのお話です。
向島ドックさんで、一度きりしかない失敗の許されない船を沈めるシーンを
みんなで息を殺して祈るように見つめていたら、船が沈んだ瞬間に街灯がどーんと大きな音を立てて割れたそうです。
この度も 祈りの力を信じて、気持ちをひとつにして忘れないで、被災地の復興を祈りますとお話されました。

尾道映画祭実行委員会スタッフの皆様お疲れ様でした。
素晴らしい尾道映画祭を開催いただきありがとうございました。
おかげさまで、今日は、本当に佳き一日でした。

#尾道映画祭
#あした
#大林宣彦監督
#新尾道新三部作

いつもありがとうございます(^_^)
桂馬女将ブログ 記事一覧
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
○ 尾道 桂馬蒲鉾商店 ○
毎朝一匹ずつ生の魚をさばき、自家製すり身を作るところから始まる桂馬かまぼこは
手作りの無添加蒲鉾です。
桂馬蒲鉾商店公式サイト https://keima-kamaboko.com/
オンラインショップ   https://keima-kamaboko.shop/
最新の情報はFacebookページへ https://www.facebook.com/keima.kamaboko/
三代目女将 村上芳子 Facebookページ  https://www.facebook.com/yoshiko.murakami.9277/

 

お電話でのご注文・お問い合わせは
0848-25-2490
受付時間/月曜日から土曜日(木曜定休を除く) AM 9:30 – PM 15:00
ファックス 0848-25-2500
メール shop@keima-kamaboko.com へお気軽にどうぞ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

アーカイブ

カレンダー

2024年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31